何苦楚魂グッズはこちら

何苦楚魂の由来

何苦楚 日々新也(なにくそ ひびあらたなり)何苦楚・・・何事にも苦しむ事が楚(いしずえ)となる。 日々新也・・・どんな事があっても、新しい日が来る。 名将三原脩監督から、怪童と呼ばれた中西太氏へと引き継がれた言葉です。1999年、ヤクルトのアドバイザーとして指導して頂いた中西さんから3代目として受け継ぎ、そこに、自分なりのアレンジとして「何苦楚魂」という言葉で日々使わせてもらっています。 岩村明憲

ランキング応援クリック

リンク

最近の記事

最新のコメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンク

最強アクセスアップ 無∞限 >

--/--/-- --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/25 13:49
連日安打!!


 レッズ-パイレーツ(24日・シンシナティ)パイレーツの岩村明憲内野手は「1番・二塁」で出場し、4打数1安打だった。内容は中前打、遊ゴロ、遊ゴロ失、四球、二ゴロで打率は1割6分3厘。チームは5-7で敗れた。

 前日、41打席ぶりの安打を含む2安打を放ったパイレーツの岩村が、2試合連続で安打を放った。一回、先頭で中前へ。2試合連続安打は1日以来。不振に苦しんだ末、やっとエンジンがかかってきた。

  レッズの先発右腕ハラングに対し、カウント1ストライクからの2球目、チェンジアップをうまくさばいた。苦しんだ時期は「初球からいく積極性を持ちたかったが、1番打者として簡単に打つわけにもいかず、葛藤(かっとう)が続いた」という。長いトンネルを抜け、本来のリズムが戻りつつある。

 2-7の七回1死一塁では一転、粘って四球を選び、打線の反撃につなげた。「調子が上がってくれば慌てることな相手の球を待つことができる。早くそうなりたい」。求める姿に一歩近づく打席だった。

岩村の話

(2試合連続安打に)今日が大事だというのは分かっていた。チェンジアップ。自分のリズムで入っていけばチームのためにもなるので、難しく考えすぎないように気を付けた。(七回は四球で)球を見ていく必要もあるし、打てる可能性のある球だけに絞っていきたい。(前日の2安打は)便秘が治った気分。

ナイスコメント!!

スポンサーサイト

Comment

daiyaさん。。
こんにちは
今日もヒット打って、ほんと
便秘治りましたね(笑)
GUNちゃんらしい?コメに思わず
笑ってしまいました(^^)

気分もスッキリしたでしょう。
冗談が出てくればもういつもの
岩村さんです。これからはヒット量産ですね!

    
    管理者にだけ表示を許可する



41打席ぶり ≪         HOME         ≫ 今日も!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。