何苦楚魂グッズはこちら

何苦楚魂の由来

何苦楚 日々新也(なにくそ ひびあらたなり)何苦楚・・・何事にも苦しむ事が楚(いしずえ)となる。 日々新也・・・どんな事があっても、新しい日が来る。 名将三原脩監督から、怪童と呼ばれた中西太氏へと引き継がれた言葉です。1999年、ヤクルトのアドバイザーとして指導して頂いた中西さんから3代目として受け継ぎ、そこに、自分なりのアレンジとして「何苦楚魂」という言葉で日々使わせてもらっています。 岩村明憲

ランキング応援クリック

リンク

最近の記事

最新のコメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンク

最強アクセスアップ 無∞限 >

--/--/-- --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/23 21:57
5月22日


<パイレーツ2-4ブレーブス>◇22日(日本時間23日)◇PNCパーク

第1打席 1回裏 先頭打者 ロー(右)   捕ゴロ
第2打席 3回裏 先頭打者 ロー(右)   二ゴロ
第3打席 4回裏 二死二塁 ロー(右)   三ゴロ
第4打席 6回裏 二死三塁 モイラン(右) 四球(二盗)
第5打席 8回裏 一死二塁 斎藤(右)   四球

パイレーツ-ブレーブス(22日・ピッツバーグ)右太もも裏を痛めていたパイレーツの岩村が7試合ぶりに先発に復帰した。無安打に終わったが、2四球を選び盗塁もマーク。「試合に出られてほっとしている。自分のできることをやれた」と息をついた。

 打撃は外角球にてこずり、内野ゴロが三つで「もう少し我慢かなという部分はあった」。新天地で初対戦した斎藤には「本当に切れていた。今度は打ちたい」と刺激を受けていた。


スポンサーサイト

Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する



5月21日 ≪         HOME         ≫ 41打席ぶり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。