何苦楚魂グッズはこちら

何苦楚魂の由来

何苦楚 日々新也(なにくそ ひびあらたなり)何苦楚・・・何事にも苦しむ事が楚(いしずえ)となる。 日々新也・・・どんな事があっても、新しい日が来る。 名将三原脩監督から、怪童と呼ばれた中西太氏へと引き継がれた言葉です。1999年、ヤクルトのアドバイザーとして指導して頂いた中西さんから3代目として受け継ぎ、そこに、自分なりのアレンジとして「何苦楚魂」という言葉で日々使わせてもらっています。 岩村明憲

ランキング応援クリック

リンク

最近の記事

最新のコメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンク

最強アクセスアップ 無∞限 >

--/--/-- --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/04/15 14:05
4月14日


<ジャイアンツ6-0パイレーツ>◇14日(日本時間15日)◇AT&Tパーク

第1打席 1回表 先頭打者 J・サンチェス(左) 一ゴロ
第2打席 3回表 一死走者なし J・サンチェス(左) 一ゴロ
第3打席 6回表 無死二塁 J・サンチェス(左) 空振り三振
第4打席 8回表 一死走者なし J・サンチェス(左) 二ゴロ

パイレーツは打線が3安打で零敗。先発左腕サンチェスのテンポのいい投球を崩せず、前日まで2試合連続2安打2打点と好調だった岩村も「切れがあった。相手の勢いに飲まれた。いい当たりが4打席目では遅い」と無安打に終わった。

 一方、相手は投打がかみ合っての快勝。二回には、4番ハフの右中間フェンス直撃の当たりが不規則に跳ね返ってランニング本塁打に。転がる打球を外野深くまでカバーした岩村がすぐに本塁へ送球したが間に合わず、「足の遅い打者だから刺したかったんだけどね」と残念そうだった
スポンサーサイト

Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する



2号ソロ!! ≪         HOME         ≫ 4月16日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。