FC2ブログ

何苦楚魂グッズはこちら

何苦楚魂の由来

何苦楚 日々新也(なにくそ ひびあらたなり)何苦楚・・・何事にも苦しむ事が楚(いしずえ)となる。 日々新也・・・どんな事があっても、新しい日が来る。 名将三原脩監督から、怪童と呼ばれた中西太氏へと引き継がれた言葉です。1999年、ヤクルトのアドバイザーとして指導して頂いた中西さんから3代目として受け継ぎ、そこに、自分なりのアレンジとして「何苦楚魂」という言葉で日々使わせてもらっています。 岩村明憲

ランキング応援クリック

リンク

最近の記事

最新のコメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンク

最強アクセスアップ 無∞限 >

--/--/-- --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/04/06 09:58
開幕戦


岩村、無安打でも勝利に貢献

第1打席 1回裏 先頭打者 パディーヤ(右) 四球(得点1
第2打席 2回裏 二死二、三塁 パディーヤ(右) 左飛
第3打席 4回裏 二死一塁→二塁 パディーヤ(右) 一ゴロ
第4打席 5回裏 二死一塁 オルティス(右) 一ゴロ
第5打席 7回裏 一死走者なし シェリル(左) 遊ゴロ


 新天地での初安打は出なかったが、パイレーツの岩村は「チームが勝ったことが何より」と充実感をにじませた。1番打者として、開幕戦勝利に貢献した自負があった。

 0-2の一回に反撃の糸口となった。四球で出塁すると、3番G・ジョーンズが同点2ラン。勢いづいたジョーンズはこの日、2本塁打した。

 キャンプ終盤、岩村は監督から未熟な打線を引っ張る役割を託された。二、四回は得点機で凡退だったが、パディーヤにフルカウントまで投げさせた。「1番に置かれている理由がそういうところにもある。安打はいつか出る」と慌てる様子はない。

 ファンの後押しもうれしかった。チームが17年連続で負け越し中でも、PNCパークで史上4番目に多い観衆が詰め掛けた。岩村は「足を運んでくれれば選手もやる気になる。レイズもそうだった」とうなずいた。


スポンサーサイト

Comment

daiyaさん。。
こんにちは
開幕戦、チームは白星スタート
今日はヒットは無かったけど
この勝ちに貢献出来てますね(^^)
ヒットもHRも近いうちに出ます!!
焦らず野球楽しんでほしいですね。

mikiさん

開幕戦に勝ったのは大きいですね
チームもいい雰囲気で続いてほしいです!

    
    管理者にだけ表示を許可する



4月2日~3日 ≪         HOME         ≫ 4月7日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。